KAT-TUN担の私が充電中にハマったもの

私は野ブタからどっぷり浸かってるれっきとしたKAT-TUN担です。

そんな私がKAT-TUN充電期間中にハマってしまったもの、それは"さとり少年団"というグループです。


まずさとり少年団とは

スターダストプロモーションのEBiDAN(恵比寿学園男子部)の3人組のグループ。

2015年9月活動開始。


Vo.山下永玖

f:id:yuunakamaru:20170530182643j:plain

1999年12月19日生まれ

山梨県出身

歌声と天然さで癒すみんなの天使


Da.高尾颯斗

f:id:yuunakamaru:20170530182931j:plain

1999年9月17日生まれ

静岡県出身

ダンスが得意な盛り上げ隊長


Da.上村謙信

f:id:yuunakamaru:20170530182959j:plain

1999年7月8日生まれ

愛知県出身

高みを目指す姿勢のリア恋枠


彼らはずっとストリートライブを行なっていました。それをたまたま通りすがりに見かけたのがハマったきっかけです。

最初はほんとに少しの、少しの興味本位で名前を検索しました。(この一歩が私の人生を変える)

そしたらまあパフォーマンスのレベルが高いかわいい仲良い応援したい。(ちょろい)

気づいたら次のストリートライブにも行き、ミュージックカードなるものを買い、追いかけるようになっていきました。


そしてさとり少年団はインディーズCDを出し、いろんなイベントに出演し、アニメ主題歌をやり、メジャーデビューも果たし、さらにはワンマンライブも決まり、どんどん急成長していきました。

これ全部見届けちゃったもんだからもう離れるのがかなり難しくなっています。(不可能説)


現場に行くひとつの醍醐味はCDや生写真を買った数に応じて握手やら写真撮影やらができちゃう特典会なんですけどほんとに3人とも性格がよくて毎回楽しませてもらってそういう距離の近さとかがずっとジャニオタやってた身からすると経験したことないものでハマってしまったのかもしれません。

現場が短いスパンであるおかげでなんとなんと私認知までされちゃったのです。びっくりするよねそりゃあ嬉しいの極みだよね。笑


そしてSNSも新鮮でした。

ブログにはほぼ毎回自撮りが載るってだけでもすごいのにその写真がほんとかわいすぎてだなあ。。インスタのストーリーなんて悶え苦しむレベルですよ。Let’s follow!

あとブログにコメントしたら読んでくれるんですよ。リプ返とかもあったんですよ。すごいよなあ。


やっぱりないものねだりっていうかジャニーズでは経験できないものに魅力を感じちゃうんですかねえ。

ほんとに私がジャニーズ以外のましてやストリートでやってたグループを追っかけるとは思ってもみなかった。掛け持ちするなんて考えられなかった。3.4年前の自分に言ったら「は?私にはKAT-TUNだけよ何言ってんの!」的なことが返ってきてしまうでしょう。笑

でもそれだけこの人たちほんとに実力派でパフォーマンスのレベル高くて魅力されるから見て損は絶対ないです。

参考にストリートライブでの映像↓

https://m.youtube.com/watch?v=9kNzN1rvT6E


そして3人で喋ってるときはぐだぐだわちゃわちゃしてて同い年っていいなあって男子高校生だなあってなります。(ゆうて自分より年上)

一緒に成長してる感じがするから応援したくなっちゃいます。

KAT-TUNには引っ張っていってもらいたいけどさとり少年団はこっちが引っ張っていきたいみたいな。



今絶賛人気急上昇中のさとり少年団、みなさんも一度調べてみてはいかがでしょうか。

f:id:yuunakamaru:20180105222806j:plain

11周年

今日はKAT-TUNの11回目の誕生日。

ほんとにおめでとう!ありがとう!


デビュー日ってグループへの想いを改めてぶつけられてみんなで盛り上がれてどれだけの人がグループを応援しているか再確認ができてすっごくすっごくいい日だよね。自分の誕生日よりよく覚えているし大切。


1年前の今頃は記念パスケースが届いたり渋谷にでかいポスターがあったりいろんな駅のKAT-TUNを集めたり、充電への不安もありながらライブにワクワクしててひたすら楽しかったなぁ。最高でした。

今日もTwitterでみなさんのお祝いを見たり3人ともそれぞれコメントしてくれたりお母さんとケーキ食べたりして笑、とっても楽しかったです。幸せな気持ちです。


先日1年前の自分から手紙が届くということがあったんですけど、"1番心配なのは充電期間どう過ごしているか""KAT-TUNを好きじゃなくなっていないか"と書いてありました。(人間関係や将来のことではなくKAT-TUN関連が1番心配という自分、変わらないですね笑) 

やっぱり当時は寂しさや不安があったけど実際充電期間に入ってみたら3人ともかなり忙しいし、KAT-TUNをちゃんと背負いながら頑張ってくれているし、意外と共演することもできて笑、好きじゃなくなる余裕なんてないくらい幸せいっぱいもらってます。それに"充電完了したら絶対すごいライブやってくれるんだろうな"っていう安心感みたいなのものもあって、ほんとに気がすむまで充電してくれって今は思えます。はやく特効浴びたいけどね!笑


また先日、友達から"なんでKAT-TUNなの?"と聞かれました。その時は上手く言葉にできなかったんですけど(少し後悔してる)、今答えるなら"最強だから"かなぁと思います。

シングル・アルバム・DVDすべて1位を獲っているところ、脱退も充電も自虐してマイナスに捉えないところ、消防法ギリギリの特効をしてくれるところ、KAT-TUNであり続けてくれるところ、すべて含めてKAT-TUNは最強だなぁと常々思います。やっぱり離れられません。


亀ちゃんうーちゃん中丸くんだけじゃなく仁くん聖田口の今の活動見ていてもほんとにKAT-TUNはお顔が整ったやべぇ集団だなって感じます。6人まるっと大好きです。

KAT-TUNでいてくれて、守ってくれてありがとう。

12年目のKAT-TUNにも期待しています!